がん(癌)ガンの診断やがん治療など、がん治療の費用や料金の相場をわかりやすく解説。さまざまな癌の症状・原因・治療法・予防法などについてわかりやすく解説しいます。癌治療、がん治療の最新情報。


ページの下部へ  

がん(癌)ガンの診断ついて。

がん(癌)ガンの診断には、 腫瘍マーカーや、 ポジトロンCT(PET)検査、などありますし、 セカンドオピニオン、紹介状などの概略を説明します。

スポンサーリンク

腫瘍マーカーとは

腫瘍マーカーとは、がんには多くの種類がありますが、中には腫瘍マーカーと呼ばれる、 そのがんに特徴的な物質を産生するものがあります。
そのような物質のうち、 体液中、主として血液中で測定可能なものが、いわゆる腫瘍マーカーとして臨床検査の時で使われています。


腫瘍マーカーの種類


現在、数多くの腫瘍マーカーが臨床の場で使われています。また、 日々新しい腫瘍マーカーが開発され、臨床応用を待っています。さらに、 すでに確立された腫瘍マーカーでも最新の研究の結果、別のがんに対してもマーカーとなりうることが明らかになる場合があります。 このような多くの腫瘍マーカーについて、個別に解説することは無理です。 そこで、臨床の場で認められ、確立された腫瘍マーカーの一部を表に示しますので、参考にしてください。


腫瘍マーカー名 省略名
前立腺特異抗原 PSA
扁平上皮癌関連抗原 SCC
シアリルLex-i抗原 SLX
シアリルTn抗原 STN
ヒト絨毛性ゴナドトロピンβ分画コア定量 βHCG
α-フェトプロテイン AFP
糖鎖抗原125 CA125
癌胎児性抗原 CEA
サイトケラチン19フラグメント CYFRA
エラスターゼ I ElastaseI
NCC-ST-439 NCC-ST-439
神経特異エノラーゼ(NSE)精密測定 NSE
PIVKAII PIVKAII
ガストリン放出ペプチド前駆体 ProGRP

腫瘍マーカーの役割について

腫瘍マーカーは、進行したがんの動態を把握するのに使われているのが現状で、 早期診断に使えるという意味で確立されたものは、残念ながらまだありません。
がん(癌)ガンの動態を把握するとは、治療効果を判定するという意味です。 例えば、進行したがんに対して化学療法や放射線療法が行われている場合、 その治療がどれくらい効果があるかを判断することに使われます。
また、腫瘍マーカー値が高いがん(癌)ガンに対して手術によるがんの切除が行われると、 多くの場合、腫瘍マーカー値は手術後低下、もしくは改善します。。
しかし、がん(癌)ガンの再発に伴い、腫瘍マーカー値は再度上昇してくるので、術後の経過観察目的で使われることもあります。

腫瘍マーカー値の意味について

腫瘍マーカーのカットオフ値または、しきい値は、 普通、正常人および対象となるがんの患者さんの測定値をもとに決められています。 ところが、中には多くの人の動きとは異なる動きをする人もいます。
すなわち、がん(癌)ガンが存在しないにもかかわらず腫瘍マーカー値が上昇している場合や、 がん(癌)ガンが存在するにもかかわらず腫瘍マーカー値が上昇しない場合です。
また、腫瘍マーカー値自体の動きも、正確にがんの動きを反映しているわけではありません。 例えば、値が6上昇したからといって、6だけ、がん(癌)ガンが進行したわけではありません。

腫瘍マーカー検査を依頼する医師は、漠然と検査を依頼しているのではなく、 その患者さんの個々の状態に基づいて検査を依頼しています。 腫瘍マーカー検査のどこに注目しているかは、患者さんごとに異なると考えたほうがよいといえます。
腫瘍マーカー検査は、他の検査と同じく、 診断を最終目的とした多くの検査の1つとして行うもので、 診断そのものは血液検査、画像を用いた検査、身体所見等を総合的に勘案して医師が行うものです。 したがって、決して腫瘍マーカー値の上下のみでがんの存在、 病態の悪化および回復を判断できるものではないことを理解してください。
極端にいえば、医師がそこから情報を得られるならば、 体重や顔色さえも広い意味ではがん(癌)ガンのマーカーであるともいえるのです。
腫瘍マーカーについて疑問があるときは、 その検査が患者さんにとってどのような意味があるかについて、 検査をした医師と患者さんが十分な話し合いをお勧めします。

がんの治療方法

がんの三大治療は「手術(外科治療)」「薬物療法(抗がん剤治療)」「放射線治療」です。


・手術(外科治療)については、別に説明します。
・薬物療法(抗がん剤治療)については、別に説明します。
・「放射線治療については、別に説明します。


その他の治療方法には、
薬物療法(化学療法)
放射線治療
造血幹細胞移植
免疫療法
代替療法(健康食品やサプリメント)
温熱療法などがあります。



がん治療の会

趣旨
健康に暮らすために、納得のいくがん治療を受けることができるように、 治療環境を選び取っていき、がん情報などを紹介していきます。 がん患者だけでなく、家族や誰でもご自身のためにも役立つことを願っています。 がん情報は、女性のがん(癌)ガンや男性のがん(癌)ガンや がん(癌)ガンの種類や治療などや、がん(癌)ガン治療の費用や病院について、 がん情報を発信します。 がん治療の必要性を感じられた方は、ご自由にご覧ください。 自分の病気についてよく知ることです。 医師は最大の 情報源です。医師と話すときには、 あなたが信頼する人にも 同席してもらうといいでしょう。 わからないことは遠慮なく質問 してください。 また、あなたが集めた、がん情報が正しいかどうかを、 あなたの医師に確認することも大切です。
あなたが自分の病気の ことをよく知っていることが大切です。病状や治療方針、今後の 見通しなどについて医師からよく説明を受け、いつでも率直 に話し合い、その都度十分に納得した上で、病気に向き合うこと に尽きるでしょう。
情報不足は、不安と悲観的な想像を生み出すばかりです。あな たが自分の病状について理解した上で治療に取り組みたいと考 えていることを、担当医や家族に伝えるようにしましょう。 お互いが率直に話し合うことが、お互いの信頼関係を強いも のにし、しっかりと支え合うことにつながります。 また、治療費用の負担もありますので、がん保険など検討されることを、 お勧めします。

    

癌・がん治療費用が安い病院サイト一覧です。

 
癌・がん治療費用が安い病院サイト一覧です。
癌がん治療費用が安い病院

癌・がん治療費用が安い病院の概要 


癌、がん、ガンについて 


女性のがん(癌)ガンについて 


男性のがん(癌)ガンについて 


がん(癌)ガンの診断やがん治療など 


がん(癌)ガン治療の高額療養費 


  


  


  


  


全国の都道府県別の一般病院 


全国の都道府県別の救急指定病院  


全国の都道府県別のがん診療連携拠点病院  


全国の都道府県別の小児がん拠点病院  


全国の都道府県別の緩和ケア病棟  


  


  


  


  


フコイダン九州大学協同特許関連商品  


 5大がんとは、がんの中でも肺がん、大腸がん、胃がん、乳がん、子宮がん、があります。 その他のがん(癌)ガンは、約70種類ほどあります。
がん診療連携拠点病院や急性期の医療を完了し病状が安定した後も、 退院が困難で、療養を継続する必要がある患者さんのために用意された病棟のうち、 一般型病棟とともに療養型病棟(緩和ケア病棟)を備えている病院もあります。
また、一般病院、医院、診療所、クリニック、一救急指定病院、がん診療連携拠点病院、 小児がん拠点病院、緩和ケア病棟( 療養型病床群併設施設)も掲載しています。
医療機関を受診される場合、各病院などを訪問される場合には、事前に電話されることをおすすめいたします。

 癌治療、がん治療の情報は、一般的な情報提供であり、知識を増やし理解を深めることを 目的としたものであり、 医師等に問題の解決のために話し合ったり、他者の意見を聞いたりするような 取って代わるものではありません。情報内容の安全性、正確性、有用性、その他につきさまざまな注意を払っておりますが、いかなる保証も行うものではありません。 患者さんの治療に関しては、個々の特性を考慮し医師等にご相談下さいますようご了承ねがいます。
尚、当サイト情報によって生じた損害について、がん治療の会ではその賠償の責任を一切負わないものとします。


    

癌がん治療費用が安い病院