男性のがん(癌)ガンについて、がん治療の医療費や料金の相場をわかりやすく解説。さまざまな癌の症状・原因・治療法・予防法などについてわかりやすく解説しいます。癌治療、がん治療の最新情報。


ページの下部へ  

男性のがん(癌)ガンについて。

まず、 自分の病気についてよく知ることです。 医師は最大の 情報源です。医師と話すときには、 あなたが信頼する人にも 同席してもらうといいでしょう。 わからないことは遠慮なく質問 してください。 また、あなたが集めた、がん情報が正しいかどうかを、 あなたの医師に確認することも大切です。
あなたが自分の病気の ことをよく知っていることが大切です。病状や治療方針、今後の 見通しなどについて医師からよく説明を受け、いつでも率直 に話し合い、その都度十分に納得した上で、病気に向き合うこと に尽きるでしょう。
情報不足は、不安と悲観的な想像を生み出すばかりです。あな たが自分の病状について理解した上で治療に取り組みたいと考 えていることを、担当医や家族に伝えるようにしましょう。 お互いが率直に話し合うことが、お互いの信頼関係を強いも のにし、しっかりと支え合うことにつながります。

男性特有のがん(癌)の種類には、下記のようなものがあります。


 

前立腺がん

 


スポンサーリンク

男性のがん、(癌、ガン)の部位・臓器などの種類

男性のがん、(癌、ガン)の部位・臓器などの種類

がん、(癌、ガン)の部位や臓器別の名称
  男性 女性
脳・神経・眼 脳腫瘍(成人)
神経膠腫
下垂体腺腫
聴神経鞘腫
ぶどう膜悪性黒色腫
髄膜腫
 
←男女共通
口・のど 上咽頭がん
中咽頭がん
下咽頭がん
喉頭がん
舌がん
甲状腺がん
←男女共通
皮膚 皮膚がん
有棘細胞がん
基底細胞がん
悪性黒色腫(皮膚)
皮膚のリンパ腫
乳房外パジェット病
←男女共通
胸部 肺がん
胸腺腫と胸腺がん
中皮腫
乳がん
←男女共通
消化管 食道がん
胃がん
大腸がん
GIST(消化管間質腫瘍)
←男女共通
肝臓・胆のう・膵臓 肝細胞がん
胆管がん
胆のうがん
膵臓がん
膵内分泌腫瘍
←男女共通
泌尿器 陰茎がん
前立腺がん
腎細胞がん
腎盂・尿管がん
膀胱がん
精巣(睾丸)腫瘍
女性特有のがん     乳がん
子宮頸がん
子宮体がん(子宮内膜がん)
子宮肉腫
卵巣がん
卵巣胚細胞腫瘍
絨毛性疾患
腟がん
外陰がん
骨・筋肉 悪性骨腫瘍(骨肉腫、軟骨肉腫、ユーイング肉腫など)
軟部肉腫(成人)
軟骨肉腫
←男女共通
その他 遺伝性腫瘍・家族性腫瘍
原発不明がん
←男女共通
血液・リンパ(白血病) 急性骨髄性白血病
急性リンパ性白血病
骨髄異形成症候群
慢性骨髄性白血病・骨髄増殖性腫瘍
成人T細胞白血病・リンパ腫
慢性リンパ性白血病・小リンパ球性リンパ腫
←男女共通
血液・リンパ
(多発性骨髄腫)
多発性骨髄腫
←男女共通
血液・リンパ
(悪性リンパ腫)
悪性リンパ腫
ホジキンリンパ腫
非ホジキンリンパ腫
非ホジキンリンパ腫の病型分類

濾胞性リンパ腫 MALTリンパ腫
リンパ形質細胞リンパ腫
マントル細胞リンパ腫
びまん性大細胞型B細胞リンパ腫
末梢性T細胞リンパ腫
バーキットリンパ腫
節外性NK/T細胞リンパ腫、鼻型
皮膚のリンパ腫
←男女共通

がん検診の種類など

検診を受けたいと思っても、 いざ受診しようとすると、わからないことが多いです。 ここでは、各種がん検診のおおまかな流れなど説明します。

対策型検診は、
ある集団全体の死亡率を下げるために行われるもので、市区町村が老人保健事業で行っている集団検診、例えば住民検診や職域検診が対策型検診にあたります。 公共的な予防対策として行われ、公的な補助金が出るので、無料か自己負担が少額ですみます。 がん検診の受診者の不利益が最小になるような方法が基本とされています。市区町村や会社から委託を受けた機関が行うこともあります

任意型検診は、
個人が自分の死亡リスクを下げるために受けるものです。人間ドックがその代表例です。 健康保険組合から補助金が出ることがありますが、 基本的に全額自己負担のため、集団検診に比べて自己負担の金額は多くなります。 基本的な検診内容の種類や料金、オプションで選べる検査の種類は、医療機関によって異なります。

がん、(癌、ガン)の診療の流れ

がんの受診から経過観察への流れです。 大まかでも、流れが見えると心にゆとりが生まれます。 ゆとりは、医師との気持・意見などを、会話などを通じて伝えることです。


がんの疑いがある時
体調がおかしいなと思ったまま、 放っておかないで ください。 なるべく早く受診しましょう。



受診
受診のきっかけや、 気になっていること、 症状など、 何 でも医師に伝えてください。 メモをしておくと整理 できます。いくつかの検査の予定や次の診察日が決 まります。



検査・診断
検査が続いたり、 結果が出るまで時間がかかることも あります。 医師から検査結果や診断について説明 があります。 検査や診断についてよく理解しておくこ とは、 治療法を選択する際に大切です。 理解できない ことは、 繰り返し質問しましょう。



治療法の選択
がんや体の状態に合わせて、 医師は治療方針を説明 します。ひとりで悩まずに、 医師と家族、 周りの方 と話し合ってください。 あなたの希望に合った方法を 見つけましょう。



治療
がんや体の状態に合わせて、 医師は治療方針を説明 します。ひとりで悩まずに、 医師と家族、 周りの方 と話し合ってください。 あなたの希望に合った方法を 見つけましょう。



経過観察・静養
がんや体の状態に合わせて、 医師は治療方針を説明 します。ひとりで悩まずに、 医師と家族、 周りの方 と話し合ってください。 あなたの希望に合った方法を 見つけましょう。


がん検診、がん検査の比較
  市町村の住民がん検診、がん検査など 個人の人間ドックがん検診、
がん検査など
がん検診、検査費用 無料、あるいは一部小額の
自己負担が設定されます。
全額自己負担。
※ただし健保組合などで一定の補助を行っている場合もあります。
提供体制 公共性を重視し、個人の負担を可能な限り軽減した上で、受診対象者に等しく受診機会があることが基本となります。 提供者の方針や利益を優先して、医療サービスが提供されます。
がん受診勧奨方法 対象者全員が適正に把握され、受診勧奨されます。 一定の方法はありません。
がん受診の判断 がん検診、がん検査の必要性や利益・不利益について、広報等で十分情報提供が行われた上で、個人が判断します。 がん検診、がん検査の限界や利益・不利益について、文書や口頭で十分説明を受けた上で、個人が判断します。参加の有無については、受信者個人の判断に負うところが大きいです。
がん検診方法 死亡率減少効果が示されている方法が選択される。有効性評価に基づくがん検診・健保組合等のがん対策担当機関が選びます。 死亡率減少効果が証明されている方法を選択される方が望ましいです。
※ただし個人あるいは検診実施機関により、死亡率減少効果が明確ではない方法が選択される場合があります。
感度・特異度 特異度が重視され、不利益を最小化することが重視されることから、最も感度の高い検診方法が必ずしも選ばれないです。 最も感度の高い検査が優先されがりであることから、特異度が重視されず、不利益を最小化することが困難です。
精度管理 がん登録を利用するなど、追跡調査も含め、一定の基準やシステムのもとに、継続して行われます。 一定の基準やシステムはなく、提供者の裁量に委ねられています。
がん検査の具体的な例 老人保険事業による市町村の住民検診(集団・個別)労働安全衛生法による法廷健診に付加して行われるがん検診、がん検査です。 検診機関や医療機関で行う人間ドックや総合健診、慢性疾患等で通院中の患者に、かかりつけ医の勧めで実施するがんのスクリーニング検査です。
※スクリーニング検査とは、ある集団を対象とし、特定の疾患を持つ人を見つけるための一斉検査です。


がん治療の会

趣旨
健康に暮らすために、納得のいくがん治療を受けることができるように、 治療環境を選び取っていき、がん情報などを紹介していきます。 がん患者だけでなく、家族や誰でもご自身のためにも役立つことを願っています。 がん情報は、女性のがん(癌)ガンや男性のがん(癌)ガンや がん(癌)ガンの種類や治療などや、がん(癌)ガン治療の医療費や病院について、 がん情報を発信します。 がん治療の必要性を感じられた方は、ご自由にご覧ください。 自分の病気についてよく知ることです。 医師は最大の 情報源です。医師と話すときには、 あなたが信頼する人にも 同席してもらうといいでしょう。 わからないことは遠慮なく質問 してください。 また、あなたが集めた、がん情報が正しいかどうかを、 あなたの医師に確認することも大切です。
あなたが自分の病気の ことをよく知っていることが大切です。病状や治療方針、今後の 見通しなどについて医師からよく説明を受け、いつでも率直 に話し合い、その都度十分に納得した上で、病気に向き合うこと に尽きるでしょう。
情報不足は、不安と悲観的な想像を生み出すばかりです。あな たが自分の病状について理解した上で治療に取り組みたいと考 えていることを、担当医や家族に伝えるようにしましょう。 お互いが率直に話し合うことが、お互いの信頼関係を強いも のにし、しっかりと支え合うことにつながります。 また、治療費用の負担もありますので、がん保険など検討されることを、 お勧めします。

    

癌・がん治療費用が安い病院サイト一覧です。

 
癌・がん治療費用が安い病院サイト一覧です。
癌がん治療費用が安い病院

癌・がん治療費用が安い病院の概要 


癌、がん、ガンについて 


女性のがん(癌)ガンについて 


男性のがん(癌)ガンについて 


がん(癌)ガンの診断やがん治療など 


がん(癌)ガン治療の高額療養費制度 


  


  


  


  


全国の都道府県別の一般病院 


全国の都道府県別の救急指定病院  


全国の都道府県別のがん診療連携拠点病院  


全国の都道府県別の小児がん拠点病院  


全国の都道府県別の緩和ケア病棟  


  


  


  


  


がん(癌)の早期発見をサポート  


 5大がんとは、がんの中でも肺がん、大腸がん、胃がん、乳がん、子宮がん、があります。 その他のがん(癌)ガンは、約70種類ほどあります。
がん診療連携拠点病院や急性期の医療を完了し病状が安定した後も、 退院が困難で、療養を継続する必要がある患者さんのために用意された病棟のうち、 一般型病棟とともに療養型病棟(緩和ケア病棟)を備えている病院もあります。
また、一般病院、医院、診療所、クリニック、一救急指定病院、がん診療連携拠点病院、 小児がん拠点病院、緩和ケア病棟( 療養型病床群併設施設)も掲載しています。
医療機関を受診される場合、各病院などを訪問される場合には、事前に電話されることをおすすめいたします。

 癌治療、がん治療の情報は、一般的な情報提供であり、知識を増やし理解を深めることを 目的としたものであり、 医師等に問題の解決のために話し合ったり、他者の意見を聞いたりするような 取って代わるものではありません。情報内容の安全性、正確性、有用性、その他につきさまざまな注意を払っておりますが、いかなる保証も行うものではありません。 患者さんの治療に関しては、個々の特性を考慮し医師等にご相談下さいますようご了承ねがいます。
尚、当サイト情報によって生じた損害について、がん治療の会ではその賠償の責任を一切負わないものとします。


    

癌がん治療費用が安い病院