癌、がん、ガンについて、がん治療の費用や料金の相場をわかりやすく解説。さまざまな癌の症状・原因・治療法・予防法などについてわかりやすく解説しいます。癌治療、がん治療の最新情報。


ページの下部へ  

癌、がん、ガンについて。

がん治療の基礎
一般に癌(ガン、がん)、悪性新生物や悪性腫瘍とも呼ばれます。 癌(ガン、がん)、悪性腫瘍は、遺伝子変異によって自律的で制御されない増殖を行うようになった 細胞集団(腫瘍)のなかで周囲の組織に浸潤し、または転移を起こす腫瘍です。 癌(ガン、がん)、悪性腫瘍のほとんどは無治療のままだと全身に転移して患者を死に至らしめるとされています。 人の体は六十兆個の細胞からできていると言われています。 がん細胞は、一般の細胞から発生した正常でない、異常な細胞のことです。 癌、がんはこの異常な細胞の塊のことです。 一般細胞は、体や周囲の状態に応じて、増えたり、増えることをやめたりします。 たとえば、怪我をすれば細胞が増殖して傷口をふさぎます。しかし、傷が治れば増殖を停止します。 それに対して、がん細胞は、体や周囲の状況を無視して殖え続けます。 がん細胞は、増え続けるので、数を増し、周囲の大切な組織を圧迫したり、壊したり、機能障害を引き起こします。 人の身体は約六十兆個の細胞からなっていて、これらの細胞は、正常な状態では細胞数を ほぼ一定に保つために、分裂・増殖しすぎないような制御機構が働いています。 それに対して腫瘍は、生体の細胞の遺伝子に異常がおきて、正常なコントロールを 受け付けなくなり自律的に増殖するようになったものです。この腫瘍が正常組織 との間に明確なしきりを作らずに増殖していく場合、あるいは転移を起こす場合は、 癌(ガン、がん)、悪性腫瘍と呼ばれています。 無制限に栄養を使って増殖するため、生体は急速に消耗する 臓器などの正常組織を置き換え、もしくは圧迫して機能不全に陥れる 異常な内分泌により正常な生体機能を妨げ 全身に転移することにより、多数の臓器を機能不全に陥いります。

スポンサーリンク

癌、がん(悪性腫瘍)と良性腫瘍の違いについて

がん(悪性腫瘍)の特徴に以下の3つがあげられています。


自律性増殖:がん細胞は人の正常な新陳代謝をさまたげ、勝手に増殖を続け、止まることがありません。

浸潤と転移:周囲に広がる(浸潤)とともに、体のあちこちに転移し、次から次へと新しいがん組織を作くつていきます。

悪液質:がん組織は、他の正常組織が摂取しようとする栄養をどんどん奪ってしまい、体が衰弱していきます。

良性の腫瘍は上記の「自律性増殖」をしますが、「浸潤と転移」「悪液質」を起こすことはありません。 増殖のスピードも、悪性腫瘍に比べるとゆっくりしています。腫瘍の大きさや発生した場所によっては、 症状が起こることもありますが、外科的に完全に切除すれば再発することはありません。
代表的な良性腫瘍として、子宮筋腫があります。その他、卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)、 皮様嚢腫(ひようのうしゅ)等があります。ただし、良性腫瘍の中でも脳腫瘍のように発生部位 によっては重篤(じゅうとく)な臨床経過をたどるものもあります。

スポンサーリンク

誰でも癌、がんになる可能性があります。

現在、日本人は、一生のうちに、2人に1人は何らかのがん(癌)にかかるといわれています。
がん(癌)は、すべての人にとって身近な病気です。

がん(癌)は、予防できますが完全には防げないです。

がん(癌)は、禁煙や食生活の見直し、運動不足の解消などによって、予防することができる病気です。
しかし、それらを心がけていても、がん(癌)にならないようにすることはできません。

がん(癌)は、人から人にうつる病気ではありません。

がん(癌)は、遺伝子が傷つくことによって起こる病気です。
がん(癌)という病気自体は、人から人に感染することはありません。
一部のがん(癌)では、ウイルス感染が背景にある場合がありますが、がん(癌)になるまでには、 それ以外にも色々な要因が、長い歳月にわたって関係しています。

スポンサーリンク

がんの種類と名称など


1・造血器でできるもの

血液の中には、白血球、赤血球、血小板という3系統の細胞が存在します。
白血球には、好中球、好酸球、好塩基球、単球、リンパ球という細胞が含まれ、
異物からわれわれの体を守る「免疫」の中心的な役割を担当しています。
中でも細菌から体を守る役割をしているのが好中球で、白血球の約半分を占めています。
リンパ球は白血球の25~50%を占め、大きくTリンパ球とBリンパ球に分けられます。
血液中のリンパ球のうち約75%はTリンパ球で、約15%はBリンパ球です。
Tリンパ球は異物の情報を伝えたり、その情報を記憶したり、直接異物を攻撃したりします。
Bリンパ球は抗体産生にかかわり、組織では形質細胞に分化します。
これらリンパ球や形質細胞はリンパ節など、リンパ組織と呼ばれる部位にも多数存在します。
正常な白血球が少なくなると感染症を起こしやすく、あるいは感染症が治りにくくなります。
造血器でできるものには、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫等があります。

2・上皮細胞でできる「癌」

上皮細胞でできるがん(上皮性腫瘍)の代表的なものには、 肺がん、乳がん、胃がん、大腸がん、子宮がん、卵巣がん、頭頸部のがん (喉頭[こうとう]がん、咽頭[いんとう]がん、舌[ぜつ]がん等)等の「癌」があります。

3・非上皮性細胞からなる「肉腫」

一方、肉腫の代表的なものは、骨肉腫、軟骨肉腫、横紋筋肉腫、平滑筋肉腫、 線維肉腫、脂肪肉腫、血管肉腫等の「肉腫」があげられ、発生した組織名が冠されています。
造血器がんを除くと、そのほとんどはかたまりをつくって増生するので、 固形腫瘍(こけいしゅよう)と一括して呼ぶこともあります。

4・上皮内新生物

上皮内新生物が最もよく観察されているのは子宮頸部ですが、 子宮頸部では前がん病変の異形成(いけいせい)と上皮内腫瘍はしばしば共存し、 両者の間は必ずしも明瞭な区別がつけられません。これらを連続した一連の病変としてとらえ、 「子宮頸部上皮内腫瘍(cervical intraepithelial neoplasia:CIN)」と呼んでいます。
ひらがなの「がん」は悪性腫瘍全体を示すときに用いられ、上皮細胞でできるがん(上皮性腫瘍)に限定するときは、 漢字の「癌」という表現を用いることが多いようです。


がん治療の会

趣旨
健康に暮らすために、納得のいくがん治療を受けることができるように、 治療環境を選び取っていき、がん情報などを紹介していきます。 がん患者だけでなく、家族や誰でもご自身のためにも役立つことを願っています。 がん情報は、女性のがん(癌)ガンや男性のがん(癌)ガンや がん(癌)ガンの種類や治療などや、がん(癌)ガン治療の費用や病院について、 がん情報を発信します。 がん治療の必要性を感じられた方は、ご自由にご覧ください。 自分の病気についてよく知ることです。 医師は最大の 情報源です。医師と話すときには、 あなたが信頼する人にも 同席してもらうといいでしょう。 わからないことは遠慮なく質問 してください。 また、あなたが集めた、がん情報が正しいかどうかを、 あなたの医師に確認することも大切です。
あなたが自分の病気の ことをよく知っていることが大切です。病状や治療方針、今後の 見通しなどについて医師からよく説明を受け、いつでも率直 に話し合い、その都度十分に納得した上で、病気に向き合うこと に尽きるでしょう。
情報不足は、不安と悲観的な想像を生み出すばかりです。あな たが自分の病状について理解した上で治療に取り組みたいと考 えていることを、担当医や家族に伝えるようにしましょう。 お互いが率直に話し合うことが、お互いの信頼関係を強いも のにし、しっかりと支え合うことにつながります。 また、治療費用の負担もありますので、がん保険など検討されることを、 お勧めします。

    

癌・がん治療費用が安い病院サイト一覧です。

 
癌・がん治療費用が安い病院サイト一覧です。
癌がん治療費用が安い病院

癌・がん治療費用が安い病院の概要 


癌、がん、ガンについて 


女性のがん(癌)ガンについて 


男性のがん(癌)ガンについて 


がん(癌)ガンの診断やがん治療など 


がん(癌)ガン治療の高額療養費 


  


  


  


  


全国の都道府県別の一般病院 


全国の都道府県別の救急指定病院  


全国の都道府県別のがん診療連携拠点病院  


全国の都道府県別の小児がん拠点病院  


全国の都道府県別の緩和ケア病棟  


  


  


  


  


フコイダン九州大学協同特許関連商品  


 5大がんとは、がんの中でも肺がん、大腸がん、胃がん、乳がん、子宮がん、があります。 その他のがん(癌)ガンは、約70種類ほどあります。
がん診療連携拠点病院や急性期の医療を完了し病状が安定した後も、 退院が困難で、療養を継続する必要がある患者さんのために用意された病棟のうち、 一般型病棟とともに療養型病棟(緩和ケア病棟)を備えている病院もあります。
また、一般病院、医院、診療所、クリニック、一救急指定病院、がん診療連携拠点病院、 小児がん拠点病院、緩和ケア病棟( 療養型病床群併設施設)も掲載しています。
医療機関を受診される場合、各病院などを訪問される場合には、事前に電話されることをおすすめいたします。

 癌治療、がん治療の情報は、一般的な情報提供であり、知識を増やし理解を深めることを 目的としたものであり、 医師等に問題の解決のために話し合ったり、他者の意見を聞いたりするような 取って代わるものではありません。情報内容の安全性、正確性、有用性、その他につきさまざまな注意を払っておりますが、いかなる保証も行うものではありません。 患者さんの治療に関しては、個々の特性を考慮し医師等にご相談下さいますようご了承ねがいます。
尚、当サイト情報によって生じた損害について、がん治療の会ではその賠償の責任を一切負わないものとします。


    

癌がん治療費用が安い病院