癌、がん治療の費用や料金の相場をわかりやすく解説。さまざまな癌の症状・原因・治療法・予防法などについてわかりやすく解説しいます。癌治療、がん治療の最新情報。


total  today  yesterday 
 癌がん治療費用が安い病院  癌がん治療費用が安い病院1  癌がん治療費用が安い病院2

ページの下部へ  

癌治療、がん治療の最新情報。


がん治療の最新情報や、がん診療連携拠点病院や急性期の医療を完了し病状が安定した後も、 退院が困難で、療養を継続する必要がある患者さんのために用意された病棟のうち、 一般型病棟とともに療養型病棟(緩和ケア病棟)を備えている病院もあります。 また、一般病院、医院、診療所、クリニック、一救急指定病院、がん診療連携拠点病院、 小児がん拠点病院、緩和ケア病棟( 療養型病床群併設施設)も掲載しています。

PD-1阻害薬オプジーボ+ミトコンドリア活性化薬の肺がん治験開始について

スポンサーリンク

最近、光免疫療法や、ウィルスの殻で体内抗体saibou_mitochondriaミトコンドリア を作る癌、がん治療ワクチンなど、がん免疫療法の 進歩が話題になっていましたが、 ニュースで、また もや、癌、がん免疫療法の話題がでています。 現在、癌、がん免疫療法の主流になっている、オプジ ーボ・ニボルマブ(PD-1阻害薬)とミトコンドリア 活性化薬を併用すると、オプジーボの効果が増強されて 今までオプジーボの効果がみられなかった患者にも効果が期待されるとのことです。 2017年度にも臨床試験(治験)が始まるというこの免疫療法について調べたことなどをまとめます。

癌、がん免疫療法のPD-1阻害薬オプジーボ・ニボルマブとは

スポンサーリンク

PD-1分子とは

正常な細胞から変化したがん細胞は、普通は人間の免疫細胞 (キラーT細胞)によって食べられ消滅するのですが、 癌、がん細胞は増殖して生きのびるために、免疫細胞をじゃまするPD-1 分子をまわりに集めて、免疫細胞のじゃまをしようとするのです。 癌、がん細胞はキラーT細胞にある分子「PD―1」に別の分子「PD―L1」 を結合させ、攻撃にブレーキをかけてしまうのです。 PD-1分子は本来免疫細胞が過剰に働くのを阻止する役目を担っている のですが、癌、がん細胞に悪用されてしまうわけです。

オプジーボ(一般名・ニボルマブ)とは

このブレーキのメカニズムを発見した京都大学の本庶佑博士が、 このPD-1ブレーキを解除すれば、免疫細胞のキラーT細胞が攻撃を 始めて 癌、がん細胞を食べると考えて、開発したのがオプジーボです。 オプジーボは進行したがんでも効果を示す報告がありますが、効か ない患者もいると言われています。 値段が高いことでも有名ですね。近いうちに値下げされるようですが。 日本での販売元は小野薬品工業株式会社で、現在は、皮膚ガン、 一部の肺がんや腎細胞がん(癌)での治療薬として保険適用が認可 されています。 世界では現在約50カ国以上で承認されているそうです。

日本人の癌、がん治療発明なのに特許権は米国とは

オプジーボ(ニボルマブ)は京都大学医学部の本庶佑博士 の研究チームが癌、がん治療薬、発明したと言われていますが、 資金が莫大にかかるせいか、「日本の製薬会社で引き受ける 所がなかった」そうです。 そのため、米国のベンチャー企業製薬会社ブリストル・ マイヤーズ社と契約したので、特許権は米国にあるとのことです。 少し残念ですね。こんなことが多々あります。 光免疫療法や、癌、がん治療ワクチンも、日本人の発明なのに、米国の 特許になりますから。 今回のPD-1阻害薬オプジーボ+ミトコンドリア活性化薬も 京都大学医学部の本庶佑博士の研究チームによるものなんです。

ミトコンドリア活性化薬を併用する理由とは

ミトコンドリアとは、細胞の中にあり、呼吸とエネルギー生成を 担う重要な器官です。独自のDNA(遺伝子)を持ち、子どもには 母のミトコンドリアが受け継がれ、父からは遺伝しません。 最近はミトコンドリアで若返るとサプリメントの宣伝もさかんです。

マウスの癌、がん治療実験で解かったこととは

本庶氏らは、PD―1をなくしたマウスではキラーT細胞内のミトコン ドリアが活性化することを発見し、 大腸がん(癌)のマウスで実験した結果、活性化したミトコンドリアが 活性酸素を発生して、キラーT細胞が増殖することが分かりました。 そこで、活性酸素を発生させる薬剤をオプジーボと同時に投与する とオプジーボ単独よりも効果が上がったのです さらに、市販の安価な高脂血症剤「ベザフィブラート」が活性酸素 発生剤として使えることも分かりました。

ミトコンドリア活性化薬を癌、がん治療薬と併用すると

マウスの癌、がん治療実験により、ミトコンドリア活性化薬をオプジーボと併用 すると、活性化されたミトコンドリアが活性酸素を発生し、免役 細胞であるキラーT細胞が増殖して、癌、がん細胞をやっつけるので オプジーボだけのときより効果が増すということです。

スポンサーリンク

オプジーボ+ベザフィブラートの肺癌、がん治験開始について

この癌、がん治療研究は、高価なオプジーボを減らす方法として、またオプジ ーボが効かない患者さんを救う方法として着目されています。 また、ミトコンドリア活性化薬として使用される「ベザフィブラート」 はすでに高脂血症剤として安価な市販薬として販売されているもの ですから、すぐに治験が始められることでしょう。 個々の薬剤の安全性は確認されているわけですから、効果があれば すぐに実用になると期待されます。 光免疫療法や、癌治療、がん治療ワクチンなどが適用されるのは早くても 5~6年後ですから、それまでの繋ぎとしておおいに活躍できると 思われます。 臨床試験(治験)は2017年度から、京大と九州大、先端医療振興財団 (神戸市)が共同で実施するそうです。
がん免疫治療薬のPD-1阻害薬オプジーボとミトコンドリア活性化薬 を併用する免疫療法は、 ミトコンドリアを活性化すると、活性酸素が産出され、それにより 免疫細胞であるキラーT細胞が増殖してより多くのがんを攻撃する ことがわかりました。 治験が2017年度から、まず肺がんについて実施されます。 そして、この研究のマウスのがん治療実験で、がん細胞付近のリンパ節を 切除すると、キラーT細胞の効果が消えたそうです。 癌、がん患者は転移を防ぐためリンパ節を切除する場合が多いのですが、 研究グループは免疫治療に有害な可能性があると指摘しています。 どうやらリンパ節は切除しないほうが良いようです。 またミトコンドリア活性化によって活性酸素が発生するのも心配です。 活性酸素は細胞を傷つけ、がん(癌)の元になると言われていますから。 色々なことが早く解決されることを祈るのみです。

光免疫療法の治験が進む。約5年~6年後に9割の癌、がんが完治する時代とは

2017年、新年早々モーニングショーで、殆どの癌、がん を根治できるかもしれない光免疫療法のすばらしい 情報が放送されました。 米国立衛生研究所(NIH)の主任研究員である日本人 ・小林久隆(55)氏を中心とする研究グループが 近赤外線を使った画期的な癌、がん治療法である 光免疫療法(近赤外線免疫療法)を2011年に開発 しました。 それから5年後の2016年4月に、アメリカ食品医薬品 局(FDA)から認可され、臨床試験(治験)が開始 されました。 治験の第1相で安全が確認され、いよいよ第2相に 進み、光免疫療法の効果を確認する段階ですが 今のところ思った通りの効果が出ているそうです。 約3~4年後にはアメリカで少なくとも薬として認可され、日本で認可されるにはさらにその2年後 ぐらいになるでしょう。 光免疫療法が日本で実施できるのは早くて6年後になります が、それほど遠い未来ではありません。 今、がんを持っている人も、なんとか6年がんばれば、がん を根治できるかもしれないのです。 癌治療、がん治療の光免疫療法について、放送された内容や、調べた内容を わかりやすく、くわしく説明します。

癌治療、がん治療の光免疫療法とは

光免疫療法とは簡単に言うと、まず身体に害のない近赤外線という光 で、癌、がん細胞だけを破壊します。 その後、こわれた癌、がん細胞を免疫細胞が食べることで、免疫細胞がその がん細胞を異物と認識し、生きている癌、がんも食べるようになります。 しかし、癌、がん細胞は、制御性T細胞を周りに集めて免疫細胞にブレーキ をかけ、邪魔をして生き延びようとします。 そのため、制御性T細胞も近赤外線を当てて破壊することにより、 免疫細胞のブレーキが解除されて癌、がん細胞を食べつくし、癌、がんを根治 することができる画期的な治療法です。 臨床試験でも副作用がほとんどなく、費用も現在話題のオブジーボより 2桁も安価だとのことです。 このように説明すると簡単なようですが、少なくとも、次の3つの方法が 必要です。

1.がん細胞だけを識別する方法。
2.がん細胞をやっつける方法。
3.免疫細胞の働きを邪魔する制御性T細胞をやっつける方法。

1.がん細胞だけを識別する方法。

免疫細胞は、自分か自分でないか見分けることができる能力を持つ 細胞です。 正常な細胞が癌、がんになると、癌細胞、がん細胞は自分ではなくなります。 すると癌細胞、がん細胞が抗原となって、それを体から追い出すために抗体 が作られます。 ウィルスや細菌の抗体は抗原にくっついてウィルスや細菌を不活 性化して破壊しますが、癌細胞、がん細胞は抗体がくっついても死にません。 この抗体は特定の抗原(がん細胞)にしかくっつきませんので、 くっついた抗体が、がん細胞だけを識別する目印になります。 こうして、癌細胞、がん細胞だけを識別して、がん細胞だけをやっつけます。 現在がん細胞にくっつく抗体は約40種ぐらい判明しているとのことです。

2.がん細胞をやっつける方法。

がん細胞だけをやっつけるために、がん細胞にだけくっつく抗体に IR700という色素の一種を結合させます。 一般的に、抗体にIR700を結合させて、近赤外線を当てると、抗体に くっついているがん細胞の表面に傷がつくのです。 そこで、抗体とIR700を結合させた液体(青色)を静脈注射で体内 にめぐらせると、抗体はそのがん細胞だけにくっつきます。 そこへ近赤外線を当てると、抗体のくっついたがん細胞だけの表面 が傷つき、1つの細胞に約1万個の傷がつくと、周囲の水分を吸収 してふくらみ続け、約1分で体積が2倍になり破裂して死ぬのだ そうです。 こうして破裂したがん細胞を免疫細胞(キラーT細胞)が食べて、 がん細胞が自分ではないことを学習し、さらに生きているがん細胞を 攻撃し始めます。

3.制御性T細胞(Treg)をやっつける方法とは

しかし、免疫細胞(キラーT細胞)ががん細胞を攻撃し始めると、 制御性T細胞(Treg)が、キラーT細胞にブレーキをかけます。 制御性T細胞は、免役細胞が健康な細胞まで攻撃しない ために存在しているそうですが、厄介な存在です。 がん細胞が体の中で増殖するのは、この制御性T細胞を自分の周り に集め、免疫細胞の働きにブレーキをかけ邪魔するからです。 そこで小林久隆氏の研究チームは、制御性T細胞にくっつく性質が ある抗体に、IR700を結合させ、がん細胞をやっつけるのと 同じ方法で、近赤外線を当てて、制御性T細胞をやっつけます。 その結果として、免疫細胞にブレーキをかけるものがなくなり、 キラーT細胞は、がん細胞を食べ続け、転移したがん細胞をも やっつけてくれるのです。 ※オプジーボも、制御性T細胞をやっつけて免疫細胞のブレーキを 解除する方法ですが、元のガン細胞のかたまりをやっつけないので ずっと使用し続ける必要があり、費用が光免疫療法より2桁も高価 になります。

光免疫療法の現状と将来について

光免疫療法は、2016年4月に、アメリカ食品医薬品局(FDA)に認可 され、同年6月に第1相の臨床試験(治験)が始まりました。 第1相の安全性の治験では大きな副作用はなくクリアしてます。 現在第2相の効果の治験実施中です。効果は思った通りに進んで いるとのことです。期待できますね。 現在治験は、口の中から喉が主で、舌がん、口腔内がん、咽頭がん 喉頭がん、頸部食道がん上部について治験しています。 がん抗体は約20種類、制御性T細胞の抗体は2種類認可されており、 これだけで、8割から9割の癌、がんに効果が望めるそうです。 ただ脊髄のがんは難しく、まだ課題があるとのことです。 現在はがん細胞をやっつけるための抗体と、制御性T細胞をやっつけ るための抗体は別々に注射していますが、将来は混合して一緒に すればより効果的になるそうです。 身体に害のない、近赤外線でがん細胞だけを破壊し、 同じく近赤外線で、免疫細胞をじゃまする制御性T細胞を やっつけることで、残った転移がん細胞を免疫細胞が すべて食べてしまう。 このような夢のようながん治療法が光免疫療法なのです。 しかも副作用がほどんどなく、費用がオプジーボより 2桁も安いというのです。 まだ脊髄などの、癌、がんには使えないようですが、他の約8~9割り のがんに効果があると言われています。 早ければ6年後ぐらいに日本でも実用化されるとのことですが より早い実用化が待たれます。 どれほど多くの人々の役に立つのかと思っています。 今、癌、がんをお持ちの方も、希望を持って頑張ることが できるのではないかと思われます。

近赤外線の効力の範囲とは

光免疫療法に使用される近赤外線とは 波長がおよそ0.7-2.5 μmの電磁波で、赤色の可視光線に近い波長 を持つため性質も可視光線に近く、「見えない光」として、赤外線 カメラや赤外線通信、家電用のリモコンなどに応用されています。 光免疫療法では近赤外線が身体に通るのは2~3cmですが、 光ファイバーの針を使うことで、15cmの深さまで効力を発揮しま すから、ほとんどの内臓に照射できるそうです。 手術をした時にはより効果的に使えますとのことです。

 


がん治療の会

趣旨
健康に暮らすために、納得のいくがん治療を受けることができるように、 治療環境を選び取っていき、がん情報などを紹介していきます。 がん患者だけでなく、家族や誰でもご自身のためにも役立つことを願っています。 がん情報は、女性のがん(癌)ガンや男性のがん(癌)ガンや がん(癌)ガンの種類や治療などや、がん(癌)ガン治療の費用や病院について、 がん情報を発信します。 がん治療の必要性を感じられた方は、ご自由にご覧ください。 自分の病気についてよく知ることです。 医師は最大の 情報源です。医師と話すときには、 あなたが信頼する人にも 同席してもらうといいでしょう。 わからないことは遠慮なく質問 してください。 また、あなたが集めた、がん情報が正しいかどうかを、 あなたの医師に確認することも大切です。
あなたが自分の病気の ことをよく知っていることが大切です。病状や治療方針、今後の 見通しなどについて医師からよく説明を受け、いつでも率直 に話し合い、その都度十分に納得した上で、病気に向き合うこと に尽きるでしょう。
情報不足は、不安と悲観的な想像を生み出すばかりです。あな たが自分の病状について理解した上で治療に取り組みたいと考 えていることを、担当医や家族に伝えるようにしましょう。 お互いが率直に話し合うことが、お互いの信頼関係を強いも のにし、しっかりと支え合うことにつながります。 また、治療費用の負担もありますので、がん保険など検討されることを、 お勧めします。

    

癌・がん治療費用が安い病院サイト一覧です。

 
癌・がん治療費用が安い病院サイト一覧です。
癌がん治療費用が安い病院

癌・がん治療費用が安い病院の概要 


癌、がん、ガンについて 


女性のがん(癌)ガンについて 


男性のがん(癌)ガンについて 


がん(癌)ガンの診断やがん治療など 


がん(癌)ガン治療の高額療養費 


  


  


  


  


全国の都道府県別の一般病院 


全国の都道府県別の救急指定病院  


全国の都道府県別のがん診療連携拠点病院  


全国の都道府県別の小児がん拠点病院  


全国の都道府県別の緩和ケア病棟  


個人情報保護 


相互リンク集 


運営情報 


お問合せ 


フコイダン九州大学協同特許関連商品  


 5大がんとは、がんの中でも肺がん、大腸がん、胃がん、乳がん、子宮がん、があります。 その他のがん(癌)ガンは、約70種類ほどあります。
がん診療連携拠点病院や急性期の医療を完了し病状が安定した後も、 退院が困難で、療養を継続する必要がある患者さんのために用意された病棟のうち、 一般型病棟とともに療養型病棟(緩和ケア病棟)を備えている病院もあります。
また、一般病院、医院、診療所、クリニック、一救急指定病院、がん診療連携拠点病院、 小児がん拠点病院、緩和ケア病棟( 療養型病床群併設施設)も掲載しています。
医療機関を受診される場合、各病院などを訪問される場合には、事前に電話されることをおすすめいたします。

 癌治療、がん治療の情報は、一般的な情報提供であり、知識を増やし理解を深めることを 目的としたものであり、 医師等に問題の解決のために話し合ったり、他者の意見を聞いたりするような 取って代わるものではありません。情報内容の安全性、正確性、有用性、その他につきさまざまな注意を払っておりますが、いかなる保証も行うものではありません。 患者さんの治療に関しては、個々の特性を考慮し医師等にご相談下さいますようご了承ねがいます。
尚、当サイト情報によって生じた損害について、がん治療の会ではその賠償の責任を一切負わないものとします。


    

癌がん治療費用が安い病院